« そろばんと数詞 | トップページ | 余裕をもつ‼️ »

2018年5月29日 (火)

ワーキングメモリ

ワーキングメモリとは、さまざまな課題の遂行中に一時的に必要となる記憶である。

ワーキングメモリは「心のメモ帳」ともいい、算数の計算にはなくてはならない働きである。

例えば、「7+□=10「ABACUS3A参照)を「7+10=17」と答えてしまう場合、□は10より小さな数という予測がたてられない。
これは保持されている情報が瞬時に働かないので、「+」の作動記憶のみに頼って処理されたことに他ならない。

全般的に珠算教育は、「手続き記憶」で教えられるので、このようなワーキングメモリは不要となる。

説明不能なことは、 説明不要なことでもある。

逆に「説明可能ならば、論理性がある」と言える。

SSKCLUBで学習した児童が賢くなるのは、自然の法則のようなものだ‼️

|
|

« そろばんと数詞 | トップページ | 余裕をもつ‼️ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/66771833

この記事へのトラックバック一覧です: ワーキングメモリ:

« そろばんと数詞 | トップページ | 余裕をもつ‼️ »