« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月28日 (水)

福島県本部講習会

ぽかぽか陽気の日曜日、福島県本部講習会が開催されました。

福島で開催するのは、今回、初となりましたが、リーダーの津田先生はじめ、会員外の先生方にご協力を頂き、無事終了できたことは何よりも嬉しいことです。

今回の講習会を機に入会される先生がいますが、スタートラインに立てば「OK」ではなく、目指すのは日々の授業なのです。

学び続ければ、必ず「認知力」がついて「プロ」として活躍できるようになります。

「今の成功は、昨日の成功ではない。学び続けた結果として現れるのである。」

1522235394462
1522235361992

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月 7日 (水)

算数テキストのお知らせ

4月からスタートする『算数テキスト』のお知らせです。

お忘れないようにお願いします。

2学年 『パズル1』 ※『ABACUS1B』が修了していること

3学年 『メートルものがたり』(2、3学年の内容)

4学年 『小数1』(3,4学年の内容)

5学年 『計算のきまり2』(4、5学年の内容)

6学年 『分数3』(5学年の内容)

★ 忘却について

エビングハウス(心理学者:ドイツ)は、「人間の記憶は指数関数的に減少する」と説いた。
エビングハウスの実験によると、記憶は20分後におよそ42%を忘れ、1時間後でおよそ56%9時間後でおよそ64%を忘れ、その後少しゆるやかになり6日後にはおよそ76%を忘れてしまう。これは、完璧に覚えたつもりでも、その後復習をしなければ6日後には24%しか残っていないということになる。反面、学習し覚えたことを、忘れる前に繰り返し反復することで、忘れる確率は大幅に低くなることも証明されている。

特に算数のような系統的な学問は、構造や意味などをしっかり教えることも忘却を防ぐことに繋がる。
昨日した勉強内容は、今日の勉強を始める前に復習するとかなり効果があるが、これは1週間前、1ヶ月前に勉強した内容も同じ原理なのである。(復習全般論)

『テキスト』は、前に習った知識を活かして学習するので忘却はかなり軽減できる。つまり、忘却しなければ知識が増す。知識は認知へ繋がり学力となるのだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年3月 5日 (月)

『KIDSパズル解説&解答書』改訂版の発売

平成30年3月8日(木)『KIDSパズル解説&解答書』改訂版を発売します。

今回は解説と指導方法も改訂しましたので、是非とも購入して頂いて指導にお役立て下さい。

※ 3月25日(日)福島県本部講習会は、『KIDS2~4』&『KIDSパズル』の改訂版を使って講話します。ご都合がつく先生は参加して下さい。

Dsc_0001Dsc_0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »