« ドリル6&7解説書 | トップページ | 学ぶ »

度量衡(どりょうこう) ③

江戸時代は江戸と京都に秤座(はかりざ)・枡座(ますざ)が作られ、秤や枡の製造や販売はそこでしか許されず、そのために枡の大きさや重さの基準はほぼ統一された。

明治になると、度量衡の製造は地域ごとに一器一人の免許制になり、度量衡器の検定が始まった。さらに、明治24年(1891)には度量衡法は、法律によって国際的な基準のメートル法が使用できるようになり、尺貫法と両方の単位が使われるようになった。

※メートル法(メートルとキログラムを基礎とした単位系)

その後、政府は尺貫法をやめて度量衡をメートル法に統一しようとするが、尺貫法保存運動が起き、この統一案は延期された。

最終的には、昭和34年(1959)一般の商取引で、昭和41年からは土地建物で尺貫法の使用が禁止され、漸く日本のメートル法が統一された。

現在は平成4年(1992)の計量法改正により、国際単位系(SI)に統一されている。

20140223223842de7Hakari_09
三重県四日市市にある「秤乃館」

写真は館長の秤屋健蔵氏(本名は小林さん)です。

40年以上にわたって世界各地で収集した1万点の秤が収蔵されています。

私自身は昨年の3月に行ってきましたが、残念なことに今年の3月に閉館されました。

|
|

« ドリル6&7解説書 | トップページ | 学ぶ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/60720815

この記事へのトラックバック一覧です: 度量衡(どりょうこう) ③:

« ドリル6&7解説書 | トップページ | 学ぶ »