« 度量衡(どりょうこう) ① | トップページ | 金城幼稚園・石川県本部講習会 »

度量衡(どりょうこう) ②

日本の度量衡は、701年の「大宝律令」から始まった制度である。この「大宝律令」に携わったのは、刑部親王(天武天皇の息子 天智天皇の甥)・藤原不比等(藤原鎌足の息子)等である。

その後、時代が過ぎると共に、度量衡の基準がばらばらになってしまった。つまり、人間が決めたものは勝手に書き換えられるということだ。その後、豊臣秀吉の「太閤検地」(実際は石田三成がプラン化したらしい)の際に、1間(1けん)の長さ、1反(1たん)の大きさをほぼ統一したのである。

天下を統一するということは、武力だけに止まらず、度量衡の基準も統一しなければならないということである。

※ 写真は滋賀県長浜市の「観音寺」で撮影

  三成が秀吉に3杯のお茶をたてたお寺(三成小僧時代)

Img_5987Img_5991Img_5993



|
|

« 度量衡(どりょうこう) ① | トップページ | 金城幼稚園・石川県本部講習会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/60682693

この記事へのトラックバック一覧です: 度量衡(どりょうこう) ②:

« 度量衡(どりょうこう) ① | トップページ | 金城幼稚園・石川県本部講習会 »