« 真理の追究 | トップページ | 未来を見据えて »

読み書き、そろばん

現代語での「ヨム」は、本や雑誌等の「文字(文章)を読む」ことを指す。したがって、一般的に「読み書きそろばん」とは、「文字を読んで、書いて、計算する」という解釈になる。

しかし、昭和前期に発行された『日本方言大辞典』によれば、「ヨムとは数エル意味を含んでいる」と記載されている。つまり、県によって「数える」ことを「読む」と解釈している。 (紙を読む→紙を数える)

その県とは南西諸島・香川・徳島・高知(一部)・愛媛(一部)・兵庫・奈良・石川・富山であるが、地図を見ると一本の線上に並ぶ。これは海上文化の影響だと思われる。

また、万葉集の中で「カク」は、「絵を画く」という一例はあるが、「文字を書く」という例は、歌には出てこない。したがって、「ヨミ・カキ」とは、漢字が伝来し、そ れを使いこなす前に、数に対応して古くからあった言葉となる。

後世「読み書き、そろばん」という基礎能力は、無文字の時代から存在した「数の能力」ということになる。

「数を数えて 式に書いて 計算する」 これが 歴史的な「読み書き、そろばん」である。

20140628_163552_2

|
|

« 真理の追究 | トップページ | 未来を見据えて »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/59889154

この記事へのトラックバック一覧です: 読み書き、そろばん:

« 真理の追究 | トップページ | 未来を見据えて »