« 福岡県本部講習会 | トップページ | KIDSテキスト »

2014年4月 4日 (金)

関東本部講習会

今回の講習テーマは、『メートルものがたり』と『時計』。

この2つのテキストは、連続量の長さ(数直線)が基になっているが、もっと遡れば、数唱→順序数から派生したものである。

算数は系統的な学問なので、根本的な知識をしっかり養っておくことが重要であり、指導者は入学時点から児童の学習に、最善の注意をはらって指導すること。

一般的な珠算は、形式的な操作をマスターすれば計算が可能となる。これはスキル的記憶であるが、算数と融合するには、構造をしっかり理解させておかなければ「スキルUP」は望めない。

指導者もこの点を充分に考えて、自分の指導力を磨かなければ、児童の能力を高めることはできない。講習会で学んだことは、頭の中に溜め込むのではなく、必ず実践指導に活かすようにして欲しい。

13961848861701396184918166_2

|

« 福岡県本部講習会 | トップページ | KIDSテキスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東本部講習会:

« 福岡県本部講習会 | トップページ | KIDSテキスト »