« 京都府本部講習会 | トップページ | 勉強の継続 »

戻ることなく前に進め

人は一度やり始めたことが続かずに、1年以内に約8割がもとの習慣に逆戻りしてしまう。これを心理学では「逆戻りの心理」という。

学問やスポーツでは、これを乗り越えた者が一流として成功するらしい。つまり一流は2割の狭き門ということだ。

これはSSKCLUBも同様で、講習会で学び、独学で知識を増せば必ず指導力は向上する。ただし、人間教育は沢山教えなければ達成できない宿命があるので、成果は3年以降と思っていた方がよい。

先日、『AERA with kids』に「なか塾」が掲載された。SSKCLUBで自分以外に活躍している先生がいることは誠に嬉しい。

これも「逆戻り」がないからできたことだ。

チャンスは誰にもあること。目標を誤らず自分の決めた道を歩んで欲しいものである。

20131218191054_deco 20131127155718094_20131218222506eac

|
|

« 京都府本部講習会 | トップページ | 勉強の継続 »

教育」カテゴリの記事

コメント

伊藤会長、ブログに掲載して頂きまして誠にありがとうございます。発刊初日より、県内・県外から何件かお問い合わせもありますが、昨日は「自宅の家庭学習で、計算ドリルのトレーニングは如何か?」という2年生の御子様のお母様からご質問がありました。

このような質問がくるのは、AERAの購読者だからだと認識しておりますが、今月号の表紙にもありますように「割合」をテーマとするところなどは、一般的な教育雑誌よりも、はるかに親の興味・感心を捉えている証拠だと思います。それと同時に、算数に限らず、小学校教育に高い関心を示す保護者層が多いように感じます。

そんなAERAの目次対抗ページに、当塾を掲載して頂けたことは、光栄であると同時に『算数がわかるそろばんメソッド=SSKCLUB』という点に於いても、広くアピールできたのではないかと思います。

今回の掲載を機に、更なる指導力向上に努めることを強く心に誓いましたので、今後とも変わらずご指導頂けます様、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 中島えいこ | 2013年12月24日 (火) 22時25分

コメントありがとうございます。
社会がいくら近代化されても、「人間は人間が育てる」ものです。

この原則を守らなければ、指導者育成は上手くいきません。つまり、根気と継続が非常に重要だということです。

今回の会報でも、そのことについて記載しましたので、考えながら読んで下さい。

今後も社会貢献に役立つように頑張って下さい。

一年間ご苦労様でした。

投稿: SSKCLUB | 2013年12月25日 (水) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/58813443

この記事へのトラックバック一覧です: 戻ることなく前に進め:

« 京都府本部講習会 | トップページ | 勉強の継続 »