« 数感覚 | トップページ | プロジェクト添削 »

岡山県本部講習会

甚大な被害をもたらした先週の台風と打って変わって、岡山県本部講習会(22日)は、雲ひとつない快晴の中開催された。

今回のテーマは、かけ算とわり算を基にし、「算数論理とは一体どのようなものなのか」を紐解きながら講話した。もちろん、従来の『テキスト』の講義とは展開がまったく異なるので、かなり難しかったと思われる。

一般的に論理の基本は、「正しい」か「正しくないか」を、はっきり判断することであり、「白黒はっきりさせる」ということである。

例えば、『ABACUS7B』の「もどし算」と「九立商」を形式的に暗記学習で指導すると、意味や仕組みが分からないまま計算することになるので、出た答えが本当に合っているかどうかさえわからなくなる。

また、わり算はかけ算と可逆的な関係なので、「もどし算」や「九立商」は、かけ算から導入すれば、「答えは間違いなく正しい」という論理が成立する。

数学は「仮説」から「真説」が証明でき、誰でも使える「定理」が派生するが、『テキスト』はこの算数論理を基に作られているので、従来の問題集にありがちな作問とは比べようがない。

つまり、SSKCLUB方式で学べば、「珠算教育は数学的な捉え方ができない」という固定概念は、間違いなく払拭できるということだ。

20130925_122054_2

Img_0883
Img_0895
Img_0887
Img_0919

|
|

« 数感覚 | トップページ | プロジェクト添削 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/58262831

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山県本部講習会:

« 数感覚 | トップページ | プロジェクト添削 »