« 全国学力テスト | トップページ | KIDSの操作活動 »

岐阜県本部講習会

最近の天候不順と台風(温帯低気圧)の中、岐阜(高山市)本部講習会が終わった。ただ、帰宅途中、豪雨に遭遇したので、無事帰宅できてよかった。  ( ̄◆ ̄;)

今回は『ABACUS7』と『分数』だが、ほとんどの先生が何回も聴講しているので、恒例の『新ネタ』からスタートとした。

『ABACUS7』は、『ABACUS6』の包含問題(22×12→222×12)で構成されている。また、22×62、22×26は、22×12、2×66のどちらにも共通する要素を含むので、集合論から考えると、「A∩B」となる。

このように基本的な計算は、数を統一した方が数学的な意味が捉えやすくなる。これが「量より質」という意味である。

「計算は鍛えて速く解答をさせる」ことと、「計算の意味を理解させて数学力を養う」のでは、教育体系が初めから違う。したがって、結果も評価も違って当たり前なのだ!

Ssk2  

Ssk_2

|
|

« 全国学力テスト | トップページ | KIDSの操作活動 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/58121629

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜県本部講習会:

« 全国学力テスト | トップページ | KIDSの操作活動 »