« 記号化の意味 | トップページ | 読み・書き・そろばん »

長野の一日

夏の空と歴史の色が上手く調和している松代に立ち寄った。昼間は西尾と同じ太陽が照りつけ暑かったが、夕方は盆地のせいなのか、山から吹く風が涼しくて心地よさに正直驚いた。

松代は真田家ゆかりの地であるが、佐久間象山の生誕地でもある。象山は大河ドラマ「八重の桜」で知ったが、正直「佐久間象山って誰?」という低知識だった。象山の妻(順子)は勝海舟の妹で、松陰や竜馬も深く関わっていたらしい。これだけでも凄い人物であるが、記念館へ行くとさらに驚きの発明品が沢山あった。

さて、毎年8月は、竹原珠算学校へ職員研修をしているが、振り返ればもう10年の時が流れている。今年は久しぶりの『KIDS2~5』だったが、内容は基本を崩さず、算数と『ABACUS』へ繋がることを強調して講話した。竹原先生から「昔に聞いたKIDSとかなり展開が違うので凄く勉強になった」と褒められた。確かに同じ話を2回する必要はないので、かなり意識して講話したつもりである。

ただ、『KIDSスペシャル』が時間の都合上、来年となったことは残念であるが、1年間、講話した内容をしっかり幼児にアウトプットして欲しい。

Dscn5319

Dscn5374
20130803_134504

20130803_141126_2
1375613903359

|
|

« 記号化の意味 | トップページ | 読み・書き・そろばん »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/57933305

この記事へのトラックバック一覧です: 長野の一日:

« 記号化の意味 | トップページ | 読み・書き・そろばん »