« 計算の本質を分らせる | トップページ | 記号化の意味 »

広島県本部講習会

平成25年度、最初の本部講習会が無事終わった。

今年も昨年同様、広島からスタートしたので、だんだん「夏=広島」というイメージが定着してきた。人間(恒温動物)は冷感を学習できるので、暑いことは問題なく、普段通り講話は上手くできた。

さて、今回は『暗算3冊』+『ABACUS6~7B』(6冊)を、どう4時間にまとめるかがとても難しかったが、『テキスト』は一本の線で結びついているので、初めに何を講話するかで「全てが決まる」と言ってもよい。

珠算の先生は、「暗算=珠算式」と思っていないだろうか?

算数の暗算は、珠算式暗算のような「数図」は使わない。これだけでも大きく違っている。さらに「命数法」を基に「分子積」を使って筋道を立てて数理的に導いている。

「命数法」と「分子積(分配法則)」は、『ABACUS』も同じ展開をしているので、算数の暗算は全く違和感なく同化→調節できるようになる。(これは正直凄いことだと思って欲しい。)

「命数法」と「分子積」は、めちゃくちゃ重要なのだ!

Img_0779Img_0820Img_0816

|
|

« 計算の本質を分らせる | トップページ | 記号化の意味 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/57892794

この記事へのトラックバック一覧です: 広島県本部講習会:

« 計算の本質を分らせる | トップページ | 記号化の意味 »