« 作問法 | トップページ | 乗加法則を統合的に考える »

数表の活用

『ABACUS1B』の1ページに数表がある。これは順序数を書けばよいが、記載後にさらに縦の系列の合計をさせると、10の合成と十進位取り記数法の学習ができる。これは「加法の結合法則」にも繋がっていくのである。

このような普遍性の計算は、算数には重要な「数量関係」が係わっているので指導者の能力が問われてしまう。

また、5+5→1+9→9+1→2+8→8+2と計算すれば、「交換法則」も成り立つ。

「数表」と侮ることなく、学習を積めば子どは確実に数学力が養われるのだ!

20130628_165412_2

|
|

« 作問法 | トップページ | 乗加法則を統合的に考える »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/57682946

この記事へのトラックバック一覧です: 数表の活用:

« 作問法 | トップページ | 乗加法則を統合的に考える »