« 検査中 | トップページ | 数観念(合成分解) »

十進位取り記数法

幼児から珠算教育を習うことが果たしてよいことなのか?

親は1学年に入学したら算数ができてほしいという願いから、珠算塾へ入学してくると思われるが、それに反した指導をすれば、親の気持ちを裏切ることになる。

児童も意味が分からない計算を強いられてはたまったものではない。

幼児期にそろばんを習うと、1学年の算数で教えられる「相対的な10」を理解しないままに「構成的な10」を指導される。

ところが「10が1こだから 十の位に1を入れて」「10から3をひくから 10はらって7いれて」と言われても、教えてもらったことがないことをいきなり言われても「理解できるわけないじゃん!」となる。

こんな行き当たりばったりの指導をして「幼児教育」と称するとは何事だ?これでは単に「幼児にそろばんを教えているだけ」に過ぎないのではないか!

「五珠1個で5・・・」 これが分からないから計算ができないのである。そんなふざけた珠算人には、「計数そろばんを使いなよ!」と声を大にして言いたい。

20130430_161737

|
|

« 検査中 | トップページ | 数観念(合成分解) »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/57280409

この記事へのトラックバック一覧です: 十進位取り記数法:

« 検査中 | トップページ | 数観念(合成分解) »