« 3週目の講習会 | トップページ | 講習会で感じること »

岐阜県本部講習会

朝、高山は雪だった。(!!!) 高速道路もチェーン規制があって、先週は地震、今回は雪と、まーっ自然現象に出鼻を挫かれた感じである!

ただ、昼から雪も止み、晴れ間がのぞく天気となって無事講習会も終わることができた。

今回は『ABACUS6』と『わり算2』であったが、特に『ABACUS6』のかけ算は、算数教科書でも分子積を重視しているので、この点を指導時に絶対に見落とさないようにして欲しい。(重要!)
つまり、406×7(写真参照)は、6×7+400×7と分配法則を用いて捉えさせることが大切ということである。
さらに248×30は、248×3の10倍として計算させていることも、見落としてはならない留意点である。

このように考えると、従来の珠算のかけ算は、分配法則や関数的な捉え方などの指導は一切行わず、九九の積だけを意識させ、「乗加法則」のみに拘って、調教の如く学習量を増やしてマスターさせるだけであった。

はっきり言って、これではあかん!こんなお粗末な指導では、「かけ算の意味が、珠算で一致することなどは、絶対に有り得ない!」ということを証明しているようなものである。

今日はこの点を重点にして講話したわけだが、実践に活かせるか否かは指導者の手腕に掛かっている。

これで3週続いた講習会も終わった!ホーッ。

20130421_073300 20130421_211437 20130421_211510 Dscn4727

|
|

« 3週目の講習会 | トップページ | 講習会で感じること »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/57220595

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜県本部講習会:

« 3週目の講習会 | トップページ | 講習会で感じること »