« 座標的な捉え方 | トップページ | 小数計算 »

5の分解

一般的に計算の前に「計算の意味」を教えることは当たり前である。これは、算数に限らず社会や理科でも言えることである。

5-1は、「4を入れて 5をはらう」だけで、果たして分解が理解できるだろうか?

計算上は、4-1も5-1も同じであるから、「ひけない」という指導はおかしい。まず、具体的な意味をつけて、「ひけない」のではなく、「はらえない」というイメージをつけさせることが大切である。

そこで、『2A』のように具体的な意味から、5の分解を導けば自然にできるようになる。これにより、「運珠法」や「ともだち(1のともだちは4)計算」はまったく不要となるのである。

特に、「ともだち計算」は、大人的な考えだから、児童の思考にとっては、逆に難しいのである。「なんで、ともだちなのか?」を質問されたらどうするかだ!ましてや学校で「ともだち計算」なんか教えないわけだから、これこそ大迷惑な話だ!

児童も日常生活をしているわけだから、具体的な事例から指導した方が、計算を使う場所も分かるようになる。

要するに「5の分解」は、「数観念」が獲得できたら簡単にできることである。

さらに「関係図」を使って、「払ったお金」「使った代金」「おつり」を示せば、数量関係の意味も深まるわけだ!!!

20121023_154534

|
|

« 座標的な捉え方 | トップページ | 小数計算 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/55955606

この記事へのトラックバック一覧です: 5の分解:

« 座標的な捉え方 | トップページ | 小数計算 »