« 滋賀県本部講習会 | トップページ | 『テキスト』への思い »

メートル法

今年発売した『メートルものがたり』の講習は5回あるので、かなり多くの先生が聴講されると思う。ただ、他の『テキスト』も重要なので、3月~6月までの講習会にも是非参加して欲しいものだ。

さて、来年発売の『メートルワールド』も最終段階に入って、現在改訂をしているが、「メートル法」のテキスト制作はかなり難しいと感じている。「メートル法」ができる前に、フランスでは800種類の単位があって、ルイ14世が新しい単位を作るように「王立科学アカデミー」を設立して科学者に依頼した。

当初1年計画の予定だった測量も「フランス革命」が起こった為、結果的には7年を要した。この時代、望遠鏡が「武器」に見えたらしく、科学者が次々と捕らわれ、牢獄暮らしが続いた。この「メートル法」の制定の合言葉は「全ては人々のため、全ての時代のため」である。さらに、ナポレオンも「征服者はいつか去る。だが、この偉業は永遠である」と語った。

どの時代も「世のため、人のため」の姿勢で行うことは重要である。特に、我々は教育に携わる者である以上、個人の利益の前に、「子どもの幸せ」がなければならない。先日、京都の講習会でM先生から「子どもを幸せにする、先生の言葉がずーっと心に残っています。」と褒められた。

今年最後の『メートルものがたり』の講習だったが、まだ、しばらく「メートル」から離れられそうもない。

|
|

« 滋賀県本部講習会 | トップページ | 『テキスト』への思い »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/53541703

この記事へのトラックバック一覧です: メートル法:

« 滋賀県本部講習会 | トップページ | 『テキスト』への思い »