« 幼児教育について7 | トップページ | 石川県保護者会 »

2011年12月 8日 (木)

小数の位

平成23年度から「新・学習指導要領」のもと、新しく教科書が替わった。小数点の右の位について『啓林館』は「1/10の位」、『東京書籍』は「小数第一位」と表記されている。

また、学習順序も『啓林館』は「分数」→「小数」、『東京書籍』は「小数」→「分数」となっている。小数と分数の違いは、小数は十進構造をもっているので、「小数第一位」と表した方が分かり易いというのは言うまでもない。

そろばんは、十進構造がきちんと定まっている教具なので、分数より小数の方が理解し易い。ただし、それぞれの意味と仕組みを理解させることは両者とも重要であるが、いずれ分数と小数は「再構成」され統合されるので、優先順位にあまり拘る必要はないと思う。

Dsc_0028 Dsc_0119

|

« 幼児教育について7 | トップページ | 石川県保護者会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

「1/10の位」と「小数第一位」。
教科書によって呼び方が変わるんですね。
先日、子供の算数ドリルの答え合わせをしていて、自分の呼び方と違う事に気が付いて以降、もやもやしていたのですが、すっきりしました。ありがとうございました。

投稿: けい | 2019年1月15日 (火) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小数の位:

« 幼児教育について7 | トップページ | 石川県保護者会 »