« 幼児教育について1 | トップページ | 幼児教育について3 »

幼児教育について2

400年の歴史がある「そろばん」を、「計数そろばん」に替えるだけで、幼児の発達(数観念)は著しく成長する。

このような「弁証法的」な捉え方は、現代社会では逆に重要であると思われる。

幼児は日々成長し続けているので、我々のように成長が止まった(退化した)人間とは全く別者として考えた方がよい。

つまり、成長と学習の一致を考えない指導者が、幼児に数を教えることは極めて危険であるということだ。

『KIDS』に「計数そろばん」を取り入れたSSKCLUBのオリジナル幼児教育は、当初、珠算人からも戸惑いや批判があった。

あれから10年経った今、五珠のそろばんより計数そろばんで指導した方が、『ABACUS』は上手く通過できることは、誰しも認めている事実である。

要するに、幼児に五珠(そろばん)を使って合成分解を理解させることは、著者本人が無理だと諭しているのである。

この世の中には「真実」が存在する以上、幼児教育にも「むりなく・かくじつ」に指導できる算数教育や珠算教育がある!と思って止まなかった。だから、この一点にとことんこだわり極め続けてきた。

その結果、珠算業界のみならず、多くの教育関係者から支持を受けるまでに至ったことは、SSKCLUB著者としてこの上ない喜びである。

これから珠算教育を極めたい先生は、「誰に何を学ぶか」を真剣に考えた方がよいだろう。

|
|

« 幼児教育について1 | トップページ | 幼児教育について3 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/53386186

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児教育について2:

« 幼児教育について1 | トップページ | 幼児教育について3 »