« 数量関係 | トップページ | 福岡県本部講習会 »

学連 珠算指導者研修会 無事終了

昨日、東京国際フォーラムで「明日の珠算を考える会」の研修会が無事終わった。125名の先生方の前で話すのは、全国大会より少し緊張したかな?(が、5分でいつも通りになった!)

自分が先生方を教える意義は、子ども達の珠算技能や、算数力UPのためであるが、もう一点は、珠算界の発展である。最近の大学生は勉強をしないと言われているが、何も学生だけではない。われわれ珠算人も、昔と比べるとめっきり研究者が減ったと思う。

福沢諭吉が「学ぶ人間が減ると国が危ない」と言うように、珠算も学ぶ先生が減れば危機的な立場になることは言うまでもない。学ぶことに物理的な問題、制度的な問題は無いにも関わらず、現状に甘んじて学ばないのは、指導者自身の自覚の問題であろう。

これからの珠算界を背負う若い先生が、小さくまとまってしまえば、何れ珠算界という大きなパイが小さくなるのは時間の問題である。研修会で具体的なことを理解することも大切であるが、その前に自分の置かれている立場を認識することも重要であろう。

最後に真剣に聴講して頂いた先生方に厚く御礼を申し上げます。

Dsc_0009 Cimg3140

|
|

« 数量関係 | トップページ | 福岡県本部講習会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/52543124

この記事へのトラックバック一覧です: 学連 珠算指導者研修会 無事終了:

« 数量関係 | トップページ | 福岡県本部講習会 »