« SSKCLUBワールド | トップページ | こころ旅 »

金城幼稚園

4日(土)の「第2回 金城幼稚園 教育講演会」が無事終わってホッとした。金城幼稚園を卒園した児童の保護者様も交じり、算数の話を中心に90分間講話した。

家庭でできる「算数指導」については、事務的な算数(計算)を強要するより、数学的な能力を引き出すことに重点をおいた方が、最終的には算数はよくできるようになる。

例えば、ボール5個を見せて、「2個と3個でいくつ?」と問いかけて、「5」と答えても、たし算が理解しているとは限らない。それより、5個のボールを袋に入れて(隠す)、そこから2個を取り出して、「袋の中にボールはいくつある」と問いかけ、次に袋の中のボールと手にしている「2個のボールを合わせたらいくつ」と考えさせた方が、はるかにたし算(増加)とひき算(求残)の意味が分かるようになる。

「算数ができるようにさせること」は、指導者の発問が大切である。いつも順思考的な捉え方ばかりするのではなく、同時に「隠れた数はいくつだろうか?」という逆思考的なことも含めて教えないと、数学的な能力は開花しないだろう。

今回のような保護者向けの講話は、たまには本部講習会とセットで開催しても良いかな?と思った。

Cimg3071

|
|

« SSKCLUBワールド | トップページ | こころ旅 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/51872767

この記事へのトラックバック一覧です: 金城幼稚園:

« SSKCLUBワールド | トップページ | こころ旅 »