« 来期の講習会について | トップページ | 千葉学習会 »

香川県本部講習会

4月10日(日) 快晴に恵まれ、桜も満開の中、香川県本部講習会が終わった。今回のテーマの『パズル』は、「図形」+「数と計算法則」といった、従来の固定概念を壊した内容のテキストである。

一般的に初めて「目にする・耳にする」ものは違和感があるが、成果が出ればこれは固定概念となる。問題は「プロセス」より「成果」である。「成果」が出ない仕事は、社会性を失い必ず淘汰される。こんな当たり前のことが分からなければ、いくら努力しても無駄に終わってしまう。

「図形」は「数学力」を養う点では優れたものであるが、そろばんに融合させるには、根本的に考えを改め、教材を作り上げなければならない。つまり、教材全部をバランスよく繋げるような配線が重要となる。ただ、教育の配線は具体的に目に見えるものではないので、長い間の研究や追跡調査が必要となることは言うまでもない。

Img_2725 Img_2730

|
|

« 来期の講習会について | トップページ | 千葉学習会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/51376558

この記事へのトラックバック一覧です: 香川県本部講習会:

« 来期の講習会について | トップページ | 千葉学習会 »