« 発達と知覚数 | トップページ | SSKCLUB会報28号 »

滋賀県本部講習会

快晴の日曜日に、今年最後の滋賀県本部講習会が開催された。会員5名で参加者23名とは凄い参加率だと思う。

今回の『KIDS1~3』は、冒頭に数と量のことについて触れた。いつも話しているが、幼児は計算より数や量をしっかり認識させた方が、はるかに思考力がUPする。思考力がUPすれば、計算の意味や仕組みも同時にUPする。計算が分かるには、この意味が分からなければどうしょうもない。計算ができることとは次元が違うことである。

次の●の数はいくつだろうか?

●●●●●●●●●

正確な数を求められれば、大人でも念のため数えると思う。

幼児ならば必ず順番(左右)に数えると思う。

このように「1こ 2こ・・・」と数えられる数は、分離量または離散量と言う。

(5mのように数えられない量(測定)は連続量と言う。)

上の●9こ(かず)は、「9」という基数に「こ」という助数詞を合わせたものである。

一般的に「集合数」とは、実は「基数詞」のことである。

さらに、9の基数詞の真ん中の数は5であるが、これは左から5番目という数であるから「順序数」と言う。これも「何番目」という助数詞を使うことから「序数詞」という言い方もある。

この5番目の序数詞は、左右に4個ずつの量を含んでいることから、「可算量」という量に分類される。

指導者が何気なく、「何番目」と教えていても、そこには集合数を含んでいることを教えなければ、数の理解が半減してしまう。

珠算は「ねがいましては なん円なり」と、お金の計算ばかりしているが、貨幣も分離量であるから、りんごと変わらない量である。

幼児には、むしろ身近にあるものを合併させないと、たし算の意味がボケてしまう可能性がある。幼児から入学してくる児童に大切なのは、1年生に入学した時に算数ができることであろう。

今年も無事講習会が終わってよかった。

Pc190457 Pc190461_2

|
|

« 発達と知覚数 | トップページ | SSKCLUB会報28号 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/50359127

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県本部講習会:

« 発達と知覚数 | トップページ | SSKCLUB会報28号 »