« 教材について考える | トップページ | 福岡県本部講習会 »

KIDSと計数そろばん

そろばんの「8-2」は、「5+3-2」の意味を含んでいる。

幼児や1学年はよく指を使って計算するが、この中には、「4+4-2」という計算方法も含まれている。※両手で4本ずつ提示して2本折る場合のこと。

発達心理から考えれば、「4+4-2」の計算も自然であり全く問題は無い。しかし、算数の合理性から考えたら「5+3-2」へ転化した方が良い。

ここで最大の問題は、どのように転化するかである。

そろばんに布数した8の場合、8ははじめから「5+3」であり、これについて何ら疑問も沸かないのが実態である。だが、これはあくまでもそろばんに長けた大人の思考レベルであり、幼児や低学年の思考レベルではない。したがって、一見合理的に見えても、対象年齢に合致した思考レベルで指導できなければ、これは全く意味がないということになる。

『KIDS』のテキストには、8でも色々な組み合わせの合成分解が存在する。この色々な組み合わせは、実は数観念を作っている土台なのである。

数観念を上手く獲得できれば、指などは使わなくなり、最終的に8は「5+3」「4+4」「2+6」「1+1+1+5」・・・であることが理解できるようになる。これは、「8-2」は「5+3-2」がなぜ合理的なのかが、幼児でも理づめで分かるようになるということだ。

この能力が5-4、6-4、7-4、8-4の理解に絶大なる威力を発揮するようになる。

『KIDS』を学習した児童が合成分解をスラスラできるのは、SSKCLUBの教育では当たり前!ということになる。

|
|

« 教材について考える | トップページ | 福岡県本部講習会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/49786211

この記事へのトラックバック一覧です: KIDSと計数そろばん:

« 教材について考える | トップページ | 福岡県本部講習会 »