« 表記について | トップページ | パズルテキスト »

立商

かけ算九九はスラスラ言えるのに、わり算の答えがなぜ見つからないのか?

『わり算2』のP15~20まで、わり算の問題をパターンに分けて出題してある。この中で一番難しいのは、P18のくり下がる問題であるが、その前に児童がP17の294÷6で直観的に4が立商できるかどうかが大切である。

ほとんどの児童は、6の段の九九を「六一が6 六二12・・・」と順唱するが、これは29÷6→6×□=29と、既習の問題に当てはまらないところが難しいわけである。

ここで困った指導者は「6の段で29に近い答えを探して」と言葉で教えようとする。しかし、言葉で言われると、意味が分からない児童は、言葉が理解できずに消えていく。先生がいったい何を言っているのかますます分からなくなる。

ここで、「6×□=24」を問題の傍に書いてみると、九九の順唱はしなくなり、4を立商するようになる。つまり29÷6は、24÷6が包含されていることが分かれば、あまりのある問題は、あまりのない問題に還元統合されるようになる。

これは学習で理解させなければ定着しない。つまり「あまりのあるわり算」を理解させることが大切であるということである。

さらに、6×□=24は、表記の違いはあっても、「わり算なんだ」という考え方も重要である。

P1020472

|
|

« 表記について | トップページ | パズルテキスト »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/49406493

この記事へのトラックバック一覧です: 立商:

« 表記について | トップページ | パズルテキスト »