« 九九とかけ算 | トップページ | 理想と現実 »

九九の活用

九九(一桁のかけ算)を早くから覚えさせることは、果たして大切なことなのだろうか?

例えば、たし算も上手く計算できない児童に、「二一が 2」、「二二が 4」・・・リズムをつけて覚えさせる。この覚えた九九を使って、2×4の問題を速く解かせることを目標に、日々トレーニングに励む。

九九が速く答えられるならば、「2桁以上のかけ算の問題もスラスラできるか?」といえば、そうとは限らない。

さらに文章問題や「2×3+2=2×4」といった、かけ算の定義はもっと疑問である。

なぜならば、本来のかけ算の定義は2×3=2+2+2・2×4=2+2+2+2の同数累加の理解が根底にあるから、これを決して無視してはいけない。

九九を覚えたならば、九九が活用できないと、覚えた意味が半減してしまう。『かけ算テキスト』は、ただ九九をマスターするだけが目標ではない。つまり、2桁のかけ算やわり算を学習した時、その九九を使って、計算が系統的に処理できなければダメだということである。

絵を見て、これがかけ算の式に転化できなければ、文章題など解けるわけがない。

P1020376

以上のことから、加減算が未定着な時期に、かけ算九九を先行して教えるのは、危険極まりない行為といえる。

|
|

« 九九とかけ算 | トップページ | 理想と現実 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/49256225

この記事へのトラックバック一覧です: 九九の活用:

« 九九とかけ算 | トップページ | 理想と現実 »