« 分数3(1) | トップページ | 熱中症 »

計数と演算

一般的に文章問題は、与えられた(書かれた)数を「たし算」なのか「かけ算」なのかを自分で決め、その後に計算の法則に従って計算を処理して答えを出す。

例えば「魚は全部でなん匹でしょう。」という文章だけでは、「たし算」を使うのか「かけ算」を使うのかが分からない。

この文章に「5匹ずつ」とか「3つぶん」などの量や操作数を入れると「たし算」か「かけ算」かが決まる。

この段階で、紙に書かれた文章から「キーワード」を抜き出し、演算パターンを覚えさせることに躍起になってしまうと、後にこの暗記学習の弊害で「演算決定能力」が全く育たない状態に陥る。

これがいわゆる算数の泣きどころで、まさしくここから算数嫌いになり兼ねない。

日常生活で「たし算」や「かけ算」を用いる場合、まずは「計数」してから「演算」を決めるのではないだろうか?

自分で計数した数を使えば、だれでもその数について考えるようになるだろう。

つまり、「数の責任」のようなものが芽生えるし、自然と演算に気持ちも入り込んでいくのである。

『テキスト』の文章問題の導入は、計数→たし算・計数→たし算→かけ算・計数→かけ算→わり算という展開でイメージ付けを施している。

珠算は「数字」を使って計算を処理する教育だが、SSKCLUBは、具体物を計数することから始まって、計算の意味を学び、文章問題へと発展していく。

この段階を全てふまえ、バランスよく計算を指導すれば「自然と算数がわかる」ようになるのである。

P1020204_2 P1020205 

 

|
|

« 分数3(1) | トップページ | 熱中症 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/48947133

この記事へのトラックバック一覧です: 計数と演算:

« 分数3(1) | トップページ | 熱中症 »