« 付加価値 | トップページ | 順序位置数 »

深い指導とは

珠算人に「合成分解」と問えば「5と10」を思い浮かべると思うが、算数教科の中では、6も7も合成分解として扱われる。

珠算の合成分解は「5を入れて2をはらう」「5をはらって1を入れる」「3をはらって10を入れる」「10をはらって6を入れる」など言葉を覚えて計算させるが、この言葉を覚えたからといって「数の保存概念」や「数観念」が獲得できるものではない。

むしろ「関係がない」といってよいだろう。

「パズル」を使って、1と6 2と5 3と4というように系列を書いていくと、1+6=6+1・2+5=5+2・3+4=4+3の交換法則の原理が理解できるようになる。(珠算ノートの活用例)

さらにこの学習を続けると、児童自ら「7の数は3通りの組み合わせがあること」に気づくようになる。さらに、これを基に「8は何通りだろうか?」「10は何通りだろうか?」という推理も働いてくるようになる。

この推理こそが本来の「数学的な考え」なのである。計数を学習させることも大切であるが、一回一回立ち止まりながら考えさせ、教えることで指導に深みが増してくる。

教えることは何時も「こうしなさい。あーしなさい。」と一方的に伝えることではない。

珠算指導において、児童に「どうだろうか?」などと問い掛けることはナンセンスかも知れないが、実はこのナンセンスが、算数では必要不可欠な指導であることを知っておくべきであろう。

P1020144

P1020143_2

|
|

« 付加価値 | トップページ | 順序位置数 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/48526167

この記事へのトラックバック一覧です: 深い指導とは:

« 付加価値 | トップページ | 順序位置数 »