« ブログ本第2巻 | トップページ | ヒューリスティックス »

分数1(改訂版)・分数1解説&解答書

改訂版『分数1』と『解説&解答書』が発売された。

改訂版は、従来の4学年の問題を「3学年対象」に編集したものであるが、特に十進分数(分母が10)と小数の関連を、そろばんを使って解く問題を入れたことにより、「新・学習指導要領」に完全にマッチした内容になっている。

もともと「ゆとり教育」で分数と小数を切り離して、3学年で教えていた分数を4学年に移行したわけで、また元に戻すならば初めから改訂しなければよかったわけである。

どうもその辺が今の政治と同じで、教育もフラフラしている。珠算教育は文化と歴史があるので根本的な形態は変わらないが、時代の流れと共に教材も改訂しなければならない。最近は特に就塾年齢が低学年化しているが、従来の教材で事が足りると思っていたら大間違いである!!

子どもの「発達と学習の一致」を真剣に考えている指導者が一体どの程度いるだろうか?これから「数学力」をつけることが算数の目標になったことは、整数・分数・小数の意味や仕組みをしっかり教えることでもある。

今回の『分数』は全国大会に発売する『分数3』の基本的な内容を含んでいるので、3学年からしっかり指導することで、整数や小数にも還元されていく。

今後、分数の講習会は、この『分数1』と『解説&解答書』を使って講義する。

※ 4月25日(日)三重県本部講習会はこれできまり!

Dvc00020_2 

|
|

« ブログ本第2巻 | トップページ | ヒューリスティックス »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/48151221

この記事へのトラックバック一覧です: 分数1(改訂版)・分数1解説&解答書:

« ブログ本第2巻 | トップページ | ヒューリスティックス »