« 試行錯誤 | トップページ | 試行錯誤(2) »

隠れた力

珠算力(暗算力)は、日常生活や算数において計算が瞬時にできることから表に現れる力で、珠算を習えば誰でも簡単な計算ができるようになる。周りから「計算が速くできるようになったね」と言われるようになる。

これに対して算数力は、日常生活ではあまり使われないので、隠れた力のようなものである。珠算は一般的に算数力を必要としないが、もし珠算学習を変えることによって算数力も向上するならば、そんないいことはないと思う。

1学年は加減算が主な計算であるが、『ドリル10 7回』のような一見、1学年程度の問題でも、いろいろな要素を含んで作問すると、かなり算数力がついてくる。

そろばんの見取算は、長い口数を足したり、引いたりするわけであるから、3口以上の計算については、同数のたし算、ひき算を混ぜて計算させた方が、かけ算やわり算に結びつき易くなる。

「算数力をつける」とは、ただ「算数ドリルをやればいい」というわけではない。数理的な道筋に沿って、思考力を発揮できるようにすることが何よりも一番大切なのである。

珠算力と算数力を上手くつけるには、表裏一体の力が備わなければならない。つまりバランスよく教えることが大切である。したがって、指導者の力はどうしても欠かせないものとなる。

P1010974

|
|

« 試行錯誤 | トップページ | 試行錯誤(2) »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/47843859

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた力:

« 試行錯誤 | トップページ | 試行錯誤(2) »