« 長野スペシャル講習会 | トップページ | 岡山県本部講習会 »

新入会員の落とし穴(2)

前回の「新入会員の落とし穴」で、サイコロの確率の話をしたが、サイコロの確率は1回目と2回目の因果関係はない。例えば1回目に出た数が6だから2回目の数は6が出にくいとはならない。これは人間がサイコロの確率は1/6だから、続けて出ることが少ないと思い込んでいるに過ぎないことである。

実はこの「思い込みの心理」が珠算教育において、マイナスに働いていることがある。算数は必ず「前に習ったことをもとにして新しい知識を獲得する」という学問であるが、珠算教育はこのような関係が極めて希薄なため、点の学習に陥り易い。

『KIDS』の学習が、6+7の学習に有効に働いているとは誰も考えない。したがって、鍛えれば上手くなると思い込んでしまう。一度思い込んだことは、なかなか修正ができないのも人間の儚さであろう。

さらに、6+7ができない児童に対して、「○○だからできないのよ」という「後知恵」が働いて指導を正当化しようとする。実は、これが一番教育としては最悪なパターンとなる。その場しのぎの学習の弊害を、世論はそう簡単には許してはくれない。

これから日本は、組織社会から個の時代になる。この先、自分の教育を確立しておかないと、どうにもならない時が必ず来る。会員の皆さんには、その点をしっかり考えて新学期を迎えて欲しい。

|
|

« 長野スペシャル講習会 | トップページ | 岡山県本部講習会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/47660901

この記事へのトラックバック一覧です: 新入会員の落とし穴(2):

« 長野スペシャル講習会 | トップページ | 岡山県本部講習会 »