« 式について考える | トップページ | 子どもを救う教育 »

脳エネルギー

一週間前の「九州本部講習会」で体調を崩し、まだ万全ではないが、脳だけは問題なく動いているので、『KIDS解説&解答書』を、少しずつ書き始めている。

人間の全体のエネルギーの約30%は脳で消費されるらしいが、仮に毎日使っていない脳を無理矢理使うと、大量のエネルギーが消費されることになる。これがいわゆる脳の疲れに繋がるのである。反面、講習会や原稿や授業で絶えず使っている脳に関しては、知らず知らず鍛えられているので、さほど疲れは然程感じなくなっていく。

この脳エネルギーが消費される時に、例えば男性が家事(洗濯)のように普段したことがないようなことを行う場合に関しては、「面倒臭い」という心理が働く。

SSKCLUBの女性の先生は、仕事も家事も育児も両立してフルに脳を使っていると思う。このような視点で物事を捉えると、男性である自分が毎日がむしゃらに仕事のみに打ち込んで働いても、オールマイティーな女性陣とはある意味同等だと思うので、あまり偉そうなことは言えない(言ってはいけない)と思う今日この頃である。

自分の「好きなこと」「得意なこと」に使える脳エネルギーに感謝して、明日も全身全霊を込めて仕事をします。

|
|

« 式について考える | トップページ | 子どもを救う教育 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/47462954

この記事へのトラックバック一覧です: 脳エネルギー:

« 式について考える | トップページ | 子どもを救う教育 »