« グローバル時代の計算 | トップページ | 式について考える »

九州地区本部講習会

1月24日(日)福岡市(天神)で本部講習会が開催された。

今回のテーマは、『ABACUSレッスン5』と『わり算』であった。

昔から「わり算」には大変なこだわりがあり、わり算を上手く教えることができるかどうかは、指導者の能力に関わる大切な演算だと思っている。

心理学に「動因」と「誘因」があるが、いくら一生懸命教えようと思っても、児童を「やる気」にさせなければ学習は進まない。この「動因」と「誘因」の一致が「気づくこと」になる、つまり「思考力がついてくる」というわけである。

今回の講習は、この点をふまえて講義した。講習会も、講師と受講者の一体感が大切であると写真からも感じとられるであろう。

全ての会員が同じ志をもって指導する術がテキストである。今回新しく入会された先生は10年振りの再会となったが、同じ志をもっていると数分で同化できる。

一人ひとりの志が一つになれば、同じ教材で同じ道を歩む同志となる。

今回、九州で学んだことを一つも余すことなく子供たちに還元して欲しいと強く願う。

P1010720 P1010724 P1010735 P1010736 

|
|

« グローバル時代の計算 | トップページ | 式について考える »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/47412251

この記事へのトラックバック一覧です: 九州地区本部講習会:

« グローバル時代の計算 | トップページ | 式について考える »