« 宮城県指導者講習会 | トップページ | スペシャリスト »

珠算と算数の融合

珠算は2+3の計算を、一般的に「3は5を入れて2をはらう」という操作を重視して教えるが、20+30のような2桁の計算はどう指導するのだろうか?これも「3は5を入れて2をはらう」でよいのだろうか?  21+33は?

操作だけを教えても、確かにそろばんの計算はできるから別に問題はなさそうに思える。ところが30を「さんじゅう」と読ませたり、書かせたりすれば、そこに「位」というものが存在する。つまり30は3ではないことがはっきりする。この違いが算数ではとても重要なことになる。!

「30と20は50」を5と解釈させるには、「10が5つ」という数観念を理解していることが条件である。幼児や1年生は、数観念が完全に獲得していない段階なので、計数そろばんやチップを使って、「20と30を合わせたら50」という量を教えることが最優先であることはいうまでもない。

数観念が獲得できれば、もうわざわざ「3は5をいれて2をはらう」という面倒なきまりは逆に使わない方がよい。「30+20=50じゃないの?」なんで「3+2=5になるの?」子どもは文句は言わないが確実に迷っている。

子どもが自然に理解できることを、「文化や歴史」だからと言って、疑いもしないで教えていれば、珠算と算数の融合はできない。

SSKCLUBは指導者の育成を目指す会なので、どうぞ指導に悩みがある先生は相談して下さい。

「するか?しないか?」の決断は、二者択一である。どちらを選択するかが実は成功の分かれ目となる。成功率がたとえ10%でも、これに「決断力」が伴わなければ成功などあり得ないことである。

|
|

« 宮城県指導者講習会 | トップページ | スペシャリスト »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/46802006

この記事へのトラックバック一覧です: 珠算と算数の融合:

« 宮城県指導者講習会 | トップページ | スペシャリスト »