« これからの予定 | トップページ | 解説&解答書 »

指導ってなんだろう?

「子どもの能力を引き出す」とは一体どういうことなのか?

能力を引き出すのは確かに先生であるが、指導が強引すぎると逆に能力を潰してしまう可能性がある。これでは何のために教えているか首を傾げたくなる。

幼児や1年生では合成分解が従来の指導法ではなかなか理解してもらえなかった。これは「魚に空を飛べ」というような無茶な指導だったかもしれない。

ところが最適な『教材』を使用すると、簡単に合成分解が通過してくる。これが「無理なく子どもの能力を引き出す」ことであろう。

今まで幼児・1年生が使いこなせる『教材』が無かったことが、自分にはチャンスであった。チャンスをものにするには、状況に負けないことである。つまり世の中の流れに流されないことである。自分には「知力と運がある」と信じていなければ運は動かない。

運は天から降ってきたり、突然沸いてくるものではない。いつも試行錯誤しているうちに遭遇するものである。

もう一点SSKCLUBは「珠算と算数が融合している教育」である。これは従来の指導法をぶち壊すことで解決できる。一般的に破壊はそれで終わりであるが、「融合は壊したものを上手く組み立てることで再生できること。」を意味する。

「何も教えなくてもできる」 これが最高の能力の引き出し方だと思う。

強引に「合成分解」を教えても理解できなければ、ただ教え込んでいるように見えるだけである。

常識や固定概念から自由になること!これができない限り新しい指導法などありえない。

↓これだけで「6+7」ができるようになる。

Dvc00009

|
|

« これからの予定 | トップページ | 解説&解答書 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/46598684

この記事へのトラックバック一覧です: 指導ってなんだろう?:

« これからの予定 | トップページ | 解説&解答書 »