« 香川県・島根県本部講習会 | トップページ | 教育の転換 »

研究集会

第56回「全国珠算研究集会要項」が届いた。もう56年もこの研究集会が続いていることは驚きである。自分も28回(愛知県)と44回(沖縄県)で発表したが、特に28回の発表は、珠算全盛期に『ABACUS10A』のベースとなっている「3学年の定位法」だったので、聴講者からはブーイングが多かった。その当時から「小数の量を教えないで小数の定位法はありえない」と思っていた。若干24歳の青年が吼えたところで所詮戯言に過ぎなかった。しかし、受講者の中に宮崎大学教授の坂元信吾先生がおられ、数日後に坂元先生から手紙を頂いた。

「小数を量から捉えて定位法へアレンジした研究は、そろばん学習には大切であるから今後も研究を続けて欲しい・・・」と書かれていた。

確かに定位法の前に「小数の意味」「小数のたし算・ひき算」を教えるわけでもない。ましてや低学年化が進む現在では、小学2、3年生に「定位法」を教えてもこの言葉自体が「中国語」や「スペイン語」のように聞こえるかもしれない。

長い間、この珠算界にいると、歴史や算数に対する疑問点が出てくる。疑問は学問の根底にあるものであるが、人間が決めたものだから修正は必要である。

研究者として歩んできた以上、私は最後まで研究者で終わりたい。これが私の宿命であり、珠算教育に対するこだわりである。

|
|

« 香川県・島根県本部講習会 | トップページ | 教育の転換 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/46316085

この記事へのトラックバック一覧です: 研究集会:

« 香川県・島根県本部講習会 | トップページ | 教育の転換 »