« 計算の見積もり | トップページ | 陽水を見る »

暗算

8月26日、『暗算スペシャル 解説&解答書』発売!

「暗算の解説っているの?」 という質問もあるかもしれないが、SSKCLUBのテキストは原理原則や理論がつきものなので、『暗算スペシャル』も『解説&解答書』にした。

そもそも暗算が小学校で取り入れられたのは、1905年(明治38年)からで、1934年(昭和9年)までは「数え主義」の流れから筆算の導入ができなかった。

当時の5+4などの計算は、順序数を使って「5の次から6、7、8、9」と数詞を唱えて9を導いていた。つまり「数え足し」の計算方法である。したがって、算数に大切な「量」というものはその当時は存在しなかったわけである。

「数える」→「計算ができる」→「算数ができる」 1934年まではこれでよかった。

それ以降は、数詞(言葉)から「量」に拘りはじめ、やがて筆算が算数の主流になっていった。つまり算術から近代算数の転換は、暗算から筆算の転換かもしれない。

珠算式暗算は、数え主義とは異なる算法であるが、記憶させる点は共通している。したがって珠算式暗算を算数に同化させるには、問題を系列的に作らなければならない。これがSSKCLUB式暗算である。

|
|

« 計算の見積もり | トップページ | 陽水を見る »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/46025315

この記事へのトラックバック一覧です: 暗算:

« 計算の見積もり | トップページ | 陽水を見る »