« 反響 !! | トップページ | チップと言語 »

パズルテキスト

★ 三角形の意味

「3本の直線で囲まれた形を三角形」という。

また、三角形は3つの点を直線で結んでいき、はじめの点に戻ったときにできる形でもある。したがって、算数教科書では、動物を囲むような算数活動を入れているわけである。

そこで、三角形の定義は「3つの辺と3つの頂点がある」ということになる。2つの点であれば、直線(線分)になるだけであって、囲みを作ることができない。これが数学の「平面図形」と結びつく点である。つまり、二角形はないということになる。だから、三角形は、平面図形の一番もとになる形となり、四角形も五角形も三角形に分けて考えることができるようになる。さらに囲んだ領地が面積の基盤として捉えられるようになっていく。

三角形の定義は、キーワードを使えば「3本・直線・囲まれた」となる。だから、『パズル2』は、三角形の定義にかなり拘った内容と理解できる。

『パズル1』は図形の概念形成から考えた内容であるので、やはり『パズル1』からスタートすることが大切である。

090220_200050 090708_164457 090708_164614

|
|

« 反響 !! | トップページ | チップと言語 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/45574387

この記事へのトラックバック一覧です: パズルテキスト:

« 反響 !! | トップページ | チップと言語 »