« 教育のひとりごと | トップページ | 話し方教室 »

スピーチ

21年度の講習会の日程が決まりはじめた。(もうほとんど決まっているw(゚o゚)w)

講習会の申し込み未提出の県(賛助会員)は、事務局まで連絡を下さい。

http://homepage2.nifty.com/ssk55/newpage45.html

さて、スピーチ(SPEECH)を演舌と訳したのは明治初年のことで、演舌を演説としたのは、福沢諭吉だといわれている。舌より説の方が、スピーチの中身を説くところ、訴えるものという強い働きが感じられるのは確かである。

自分のスピーチは、どちらかといえば訴える気持ちが強いので、きっと「怒っているの?」と誤解されてしまう時もあるような気がする。

ただ、今さら伝統的な冷静な話し方に変えると逆に「イメージが狂うのではないかなぁ」と思うのでやはり今年もいつものスタイルでいこうと思う。(同じかよ?!)

今年も11月に全珠連宮城県支部の「珠算指導者講習会」の講演が決まっているが、SSKCLUB以外の講習会は、どちらかといえば、「戦いのスピーチ」だと思っている。つまり「のまれないように のまれたら負け」と言い聞かせながら話しているわけである。話す内容と気持ちをコントロールしなければならないから、やはりSSKCLUBの講習会は楽だと思う。

少年時代から赤面症だったが、人前で話すことで人間は逞しくなるものだと思った。

SSKCLUBの先生方に感謝を込めて、来期もよろしくお願いします。

|
|

« 教育のひとりごと | トップページ | 話し方教室 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/45423236

この記事へのトラックバック一覧です: スピーチ:

« 教育のひとりごと | トップページ | 話し方教室 »