« 数学的知識 | トップページ | ABACUS Lessonn2A・B解説&解答書 »

学習時間

児童の学習時間について苅谷剛彦氏(東京大学教授)は、次のようなデーターを提示している。

●1989年→2001年(小学生)

家で全く勉強しない児童 6.3% → 17.7%

家・塾で全く勉強しない児童 5.0% → 15.5%

●1989年→2001年(中学生)

家で全く勉強しない児童 30.2% → 44.9%

家・塾で全く勉強しない児童 15.2% → 23.8%

※小学生、中学生とも塾の通学はほとんど変化がない。

この現状を考えると教育界にも二極分化が進んでいると思われる。学習離れの深刻化が進み小学校の段階で授業の理解度が低下という現象が起きていることがいえる。

珠算教育は算数を無視して語れる時代ではないので、このような現象を謙虚に受け止めることが必要であると思う。珠算の低学年化が進んでいる中で「四当五落」というような努力(睡眠時間)を重視する「日本型メリトクラシー」の教育は、これから先非常に厳しくなることは言うまでもない。

努力しなければ上手くならない珠算では、21世紀の社会では陳腐化がさらに進む。珠算の固定概念を捨てる勇気がなければ「生きる喜び」を児童に植え付けることもできない。「自ら学び、自ら考える力」を養う教育にチャンジすれば必ず珠算は発展していくと思う。

「理念」なくして教育は語れない!

|
|

« 数学的知識 | トップページ | ABACUS Lessonn2A・B解説&解答書 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/44341180

この記事へのトラックバック一覧です: 学習時間:

« 数学的知識 | トップページ | ABACUS Lessonn2A・B解説&解答書 »