« 練習 | トップページ | 分類力は大切 »

加法・減法の考え方

★ 8+7の加法の筆算と珠算の考え方を比較してみる。

① 数えたし・・・8の次から、9、10、11・・・と数唱を使い、7番目の数を答えとする。

② 加数分解・・・8+7=8+(2+5)=(8+2)+5=10+5=15

③ 被加数分解・・・8+7=(5+3)+7=5+(3+7)=5+10=15

④ 両数分解・・・8+7=(5+3)+(5+2)=(5+5)+(3+2)=(5+5)+(3+2)=15

小学校では「加数分解」から入り、他の方法も考え方として指導されている。吉田甫(教育心理学博士)の研究では「両数分解」が一番子どもの到達度が高いというデーターがある。

珠算では運珠法上「被加数分解」を指導している。

★ 15-7の減法の筆算と珠算の考え方を比較してみる。

① 数えひき・・15から逆数唱を使い7番目の数を答えとする。

② 減加法・・15-7=(10+5)-7=(10-7)+5=3+5=8

③ 減減法・・15-7=15-(5+2)=15-5-2=8

小学校・珠算ともに「減加法」を指導している。

筆算と珠算の加減算を比較した場合、共通点は「10の数観念」である。もう少し詳しく言えば「補数の利用」である。

筆算は記憶や思考的な操作を通して学習をするが、珠算は「運珠法」に従い、運動的に学習がおこなわれる。このように加減算を分析すると、珠算も「10の補数」を使うならば、筆算と共通した思考で学習をさせた方が筆算に同化できると思う。

このように考えると、以前ブログに書いた「加減九九」はどう考えてもナンセンスだと思う!さらに「かけ算九九」も同じである。もし「加減九九表」「かけ算九九表」を見ながら計算を指導しているならば、すぐに止めるべきである。

|
|

« 練習 | トップページ | 分類力は大切 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43984499

この記事へのトラックバック一覧です: 加法・減法の考え方:

« 練習 | トップページ | 分類力は大切 »