« ひき算 | トップページ | 数理的に捉える珠算 »

記数法と命数法

1年生の児童が10+2を102と誤答するケースが多い。これは、12を「じゅうに」と読む命数法が原因である。(いち に と書いて12と表すことを記数法という。)書字的には確かに正しいが、これは算数では通用はしない。そろばんは珠を使って12を表す(構造上)ことから、このような誤答は極めて低くなる。

また、3桁の問題も同様に展開すると、空位の0(206の十の位が0)の意味もよくわかる。ただし206が100が2こ・1が6こである意味(数の構成)は、量感を示して学習することが大切である。

※ 幼児期に12と20の誤答が多いのも命数法が原因である。

詳しく説明すると、記数法は十進位取り記数法・命数法は十進位取り非記数法である。

Adjas

|
|

« ひき算 | トップページ | 数理的に捉える珠算 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43299233

この記事へのトラックバック一覧です: 記数法と命数法:

« ひき算 | トップページ | 数理的に捉える珠算 »