« たし算 | トップページ | 幼児の計算 »

3口のたし算

幼児のたし算は「○+○」という2口のたし算が一般的である。それは母親が「2+3はいくつ」という2口のたし算を、半ば記憶的に学習させているからだと思う。

1年生では3口のたし算・ひき算まで学習する。図の(3)は同じ数をたすことにより、2年生のかけ算(同数累加)まで拡張できる。意味が理解できると「まだ習っていない」ことに遭遇した時、今までの知識を使って対処することができるようになる。

算数は既習の知識を使って新しいことを学んでいく教科である。そろばんも意味をつけて教えたら「一発学習」ができる。

つまり、5+7・13-8等の問題が適度な練習量でマスターできるということである。初歩的な計算は機械的に覚えさせるより、頭の中にある知識を引き出し、関連づける方が遥かに上手くなる。ゆえに教材研究は大切である。

12587

|
|

« たし算 | トップページ | 幼児の計算 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43111897

この記事へのトラックバック一覧です: 3口のたし算:

« たし算 | トップページ | 幼児の計算 »