« 見取算 | トップページ | 記数法と命数法 »

ひき算

60-40・70-40・80-40のひき算をお金とそろばんを使って学習すると、図のような展開になる。そろばんのひき算は五珠を使う原則から、一度おつりを算出して残金を求めることになる。一見複雑なように感じられるが、全て50-40で処理できる。つまり、構造的な理解ができれば逆に簡単になる。このようなひき算の構造が知識として次に使える。構造=知識となるのである。

「学習の仕方で子どもの思考力は向上できる珠算教育」がこの世にあることを知って欲しい。Dfgjdk

|
|

« 見取算 | トップページ | 記数法と命数法 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43263799

この記事へのトラックバック一覧です: ひき算:

« 見取算 | トップページ | 記数法と命数法 »