« そろばんと算数の関係 | トップページ | 愛知県スペシャル学習会 »

求差の統合

ひき算の意味には、求残(のこりはいくつ)と求差(ちがいはいくつ)がある。求差は1年生では「違いを求めることが、なぜひき算をつかうか?」この意味が難しいのである。「ランドセルの数からそろばんの数をひく」とは一体なんだろう?

ランドセルの数4からそろばんの数と同じ3をとれば、ランドセルからランドセルが引けるようになる。これを「求差を求残へ統合する」という。このような数学的な考えを、そろばん教育に生かしていく理念をもっているのがSSKCLUBである。つまり、SSKCLUBのそろばんには「きちんとした原則がある」ということである。

Dkfgdk

|
|

« そろばんと算数の関係 | トップページ | 愛知県スペシャル学習会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43222033

この記事へのトラックバック一覧です: 求差の統合:

« そろばんと算数の関係 | トップページ | 愛知県スペシャル学習会 »