« ABACUS Lesson4解説&解答書 | トップページ | 求差の統合 »

そろばんと算数の関係

そろばんと算数を融合すると「そろばん+算数(そろばんと算数を別々に学習)」という考えが浮かぶ。しかしこれは非常に不合理である。

そろばんを単なる計算器だけでなく、教具として活用すれば「そろばん=算数」という考えが生まれてくる。図のように「3の数」をそろばんに「入れる、はらう」ことにより「数の抽象化」ができる。つまり、具体物から「3という数を引っ張りだせる」ようになるのである。数を引っ張り出せない限り、計算は成立しないのである。

Sorobann

|
|

« ABACUS Lesson4解説&解答書 | トップページ | 求差の統合 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43181084

この記事へのトラックバック一覧です: そろばんと算数の関係:

« ABACUS Lesson4解説&解答書 | トップページ | 求差の統合 »