« 愛知県スペシャル学習会 | トップページ | 見取算 »

五珠の認識

そろばんの五珠は、1つで5を表すが、この五珠が実は幼児や1年生では「1」にしか見えない。いくら先生が「5なの」と言っても「1」に見えるものは仕方がない。したがって「6が2で」「7が3」となってしまう。このような児童が3+4や7-3の計算の仕組みを理解できるわけがない。つまり「計算が反射」(考えないでもできる)のようなものになってしまう。

『新学習指導要領』では算数の活用を重要課題に挙げている。これはスパイラル的なことを指しているが、珠算を算数的に捉えると、五珠の認識は当たり前のことだと思う。

12587dfd

|
|

« 愛知県スペシャル学習会 | トップページ | 見取算 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43244922

この記事へのトラックバック一覧です: 五珠の認識:

« 愛知県スペシャル学習会 | トップページ | 見取算 »