« 3口のたし算 | トップページ | ABACUS Lesson4解説&解答書 »

幼児の計算

「幼児にそろばんは早い」と思うのは、一般的な珠算を指していると思う。幼児も学習(教材・指導)を変えれば、別にそろばんを習うことが早いとは思わない。

計数そろばんやチップで数(数の構成)を教えれば『速い計算・硬い計算』から脱皮して幼児でもそろばんを楽しく理解できる。レディネスとはこのような考えのことを指す。

例えば、かけ算も九九がスラスラ唱えられなくても「20+20+20→20×3」ということが理解できれば、それも立派なかけ算を学んだことになる。それには図に示したような数の認識が基本となる。

幼児期に蓄えられた知識は、使えば使うほど算数に同化していくのである。

Jfgk_2

|
|

« 3口のたし算 | トップページ | ABACUS Lesson4解説&解答書 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218292/43162853

この記事へのトラックバック一覧です: 幼児の計算:

« 3口のたし算 | トップページ | ABACUS Lesson4解説&解答書 »